北欧神話とケルト神話の違いとは?

北欧神話とケルト神話には、どんな違いがあるのでしょうか。どちらも北欧が中心という印象が強いですが、実はまったく違うものです。ここでは、北欧神話とケルト神話の違いについて解説していきます。

 

 

北欧神話とケルト神話の違いとは

まずは、信仰されていた土地の違いです。ケルト神話はブリテン島やウェールズ地方、アイルランドで、北欧神話はフィンランド、スウェーデン、ノルウェーでそれぞれ始まり、広まったとされています。

 

また北欧神話とケルト神話では、登場する神も異なります。北欧神話の主神はオーディンですが、ケルト神話の主要な神はダグザやルークとされています。

 

現代への伝わり方にも大きな違いがあり、北欧神話が、詩人スノッリ・ストゥルルソンによる『エッダ』や、歴史家サクソ・グラマティクスによる『デンマーク人の事績』などに詳細に記されているのに対して、ローマ帝国による支配と、その後のキリスト教化により、ケルト神話の詳細には、消失し、分からなくなってしまったことも多くあります。

 

北欧神話とケルト神話が混同されやすい理由

北欧神話とケルト神話が混同されやすいのは、ゲルマン民族とケルト民族の文化や風習が似ているためです。

 

とりわけ日本では、ゲームやライトノベルなどでケルト人のドルイドを連想させるキャラクターが、ルーン文字を用いて魔術などを操る描写が多く見られるため、この混同が進んだと言われています。

 

ケルトにおけるドルイドは、指導的立場にある役職ですが、彼らは秘密の保持のため、文字の使用を極端に嫌ったと言われています。

 

またルーン文字についても、北欧神話でオーディンが手に入れたものであるため、ケルト神話には登場しないとされています。