フランスの地理的特徴

西ヨーロッパに位置するフランスの地理的特徴について情報をまとめています。フランスの地形や風土は以下の要素により構成されています。

 

 

フランスの地形や風土

面積

  • ヨーロッパの面積:551500平方キロメートル
  • 海外領土も含めた面積:675417平方キロメートル

 

国境を接する国

スペイン、ベルギー、スイス、イタリア、ドイツ、ルクセンブルク、アンドラ、モナコ

 

気候

西部は西岸海洋性気候、南部は地中海性気候、東部の高地は大陸性気候の特徴が強く出ています。

 

北海、大西洋、地中海に面しており、海岸線の長さは3427mにもおよびます。

 

河川

  • セーヌ川(776km)
  • ロワール川(1012km)
  • ガロンヌ川(647km)
  • ローヌ川(812km)

 

フランスに流れる多くの川は流れが緩やかなため、古くから水運に利用され、都市の発展に貢献してきました。

 

  • レマン湖(国内最大)
  • アヌシー湖
  • ブルジュ湖
  • ベール湖

 

山・丘

山地は東部に目立ち、国内最高峰は標高4810mのモンブラン。西部には対スペイン国境のピレネー山脈が、東部には対ドイツ・スイス国境のヴォージュ山脈・ジュラ山脈が、南部には対イタリア国境のアルプス山脈が走っています。

 

平野

フランスは北西部を中心に平坦な地形が特徴で、国土の6割は海抜250m以下の低地となっています。河川にも恵まれていることから、耕作地には絶好の環境で、フランスを農業大国たらしめているのです。

 

地中海に浮かぶコルシカ島に加え、南米ギアナ、カリブ海のマルティニークとグアドループ、インド洋のレユニオンなどの島々を海外領土として領有しています。