日本とブルガリアの関係

日本とブルガリアの国交が出来たのは19世紀末のことで、1939年にお互いに公使館を開設したことで正式な外交関係がスタートしています。

 

同年に開始される第二次世界大戦では両国とも枢軸国でしたが、1944年ブルガリアではクーデターで政権が転覆し、新政府が枢軸国からの離脱を発表したので、ここで一度両国の国交は断絶しました。

 

しかし第二次世界大戦終結後、1959年にようやく国交を回復し、茶道や剣道、相撲といった伝統文化や漫画・アニメといったサブカルチャーへの関心が高まっていることもあり、経済交流・文化交流の両面から現在にいたるまで良好な関係を続けています