アニエス・ヴァルダとは何をした人?〜ヌーヴェルヴァーグの祖母〜

 

アニエス・ヴァルダの基本情報

 

前職:写真家
異名:ヌーヴェルヴァーグの祖母
誕生:1928年ベルギー
死没:2019年フランス
代表作品:『幸福』『歌う女、歌わない女』

 

アニエス・ヴァルダ(1928年 - 2019年)はフランスの映画監督で、ヌーベルバーグの先駆けとなった功績から「ヌーヴェルヴァーグの祖母」と呼ばれる人物です。
ギリシャ人の父のもと、ベルギーで生まれるも、第二次世界大戦から逃れて母の故郷フランスに移住。フランス国立民衆劇場の専属写真家としてキャリアを積んだ後、映画界に入り、1954年アラン・レネらとともに制作した「ラ・ポワント・クールト」が長編映画のデビュー作となりました。
その後も着実にキャリアを積んでいき、65年『幸福』でルイ・デリュック賞を受賞、76年には自身で制作から脚本、監督まで6役をこなした『歌う女、歌わない女』がグランプリを受賞し、国際的な名声を確立したのです。