地中海性気候の特徴|南欧諸国を支配する気候!

地中海性気候はヨーロッパの主要な気候区の一つです。その特徴を理解しておきましょう。

 

 

地中海性気候の特徴

季節ごとの違い

1.夏は日差しが強く乾燥する。
2.冬は雨が多く多湿になる。

 

西岸海洋性気候との違い

西岸海洋性気候は、メキシコ湾流に端を発する暖流により温められた空気が、偏西風によりヨーロッパ大陸に吹き付けることでできる気候です。地中海性気候ほど夏は暑くならず、雨量の年較差も少ないです。

 

地中海性気候の原因

亜熱帯高圧帯

20〜30度付近に形成される、年間通じ存在する高気圧のこと。サブハイともいう。

 

偏西風

中緯度上空(南緯30度から60度付近)にみられる西よりの風。

 

地中海性気候の場所

地域

南ヨーロッパ、北アフリカの地中海沿岸地域

 

地域 国名
ヨーロッパ イタリア/スペイン/ギリシャ/ポルトガル/アルバニア/モナコ/マルタ/キプロス/フランス/トルコ
中東 イスラエル/ウズベキスタン/レバノン
アフリカ アルジェリア/モロッコ

※太字は国土の大部分が地中海性気候の国。

 

地中海性気候の農業

夏は乾燥に強いブドウやオレンジなどの果物・柑橘類栽培がさかんに行われ、多雨な冬は穀物栽培や家畜飼育を組み合わせた農業がおこなわれています。地中海性気候を利用したこのような農業を地中海式農業といいます。詳しくは【地中海式農業の特色をわかりやすく|さかんな国や適した気候など】にて解説しています。

トップへ戻る