モリーゼ州

モリーゼ州(伊:Molise)は、イタリア中東部に広がる、ヴァッレ・ダオスタに次ぎ国内2番目に小さな州です。州都はカンポバッソ。ブドウ・穀物・オリーブなどを中心とした農業、パスタ・肉・ワインなどを中心とした食品加工業、美しい自然を強みとした観光業などがさかんに行われています。

 

歴史

1965年、アブルッツォ・エ・モリーゼ州が分割され、アブルッツォ州とモリーゼ州に分かれたことで成立しました。自治体が置かれたのは1970年のことなので、まだ誕生して50年余りという、イタリア全20州の中で最も若い州といえます。この地方は19世紀後半のイタリア王国への併合以来、大量の人材が発達した工業都市へと移住してしまったため、19世紀半ばからほとんど人口が変わっておらず、イタリアでも経済的に立ち遅れた州の一つになっています。

 
ページの先頭へ戻る