フレンチでナイフやフォークを使う正しい順番とは?

フレンチレストランや結婚披露宴などで、テーブルに並んだナイフやフォークのことを総称して、「シルバー」「カトラリー」といいます。

 

ずらっと並べられたカトラリーを目の前にすると、どれから使ったらいいのか戸惑う人もいるでしょう。

 

ゆったりと食事を楽しむために、正しく使う順番と押さえておきたいマナーを解説します。

 

 

ナイフやフォークの使い方

ナイフやフォークなどのカトラリーはどのレストランにおいても、向かって左側にフォーク、右側にナイフとスープ用のスプーンが並べられています。

 

料理ごとにそれぞれ対になって並べられており、使う順番としては、手に取りやすい一番外側から使っていきます。

 

フォークは左手で持ち、ナイフは右手に刃の付け根あたりを上から持ち、人差し指をナイフの背に添えます。フォークも同様です。

 

左利きの人は左右を逆にして、ナイフを右に持ち替えてかまいません。

 

そして料理の左側から、フォークで押さえて一口分をナイフで切り、口に運びます。

 

ただしサラダなどは、フォークを右手に持って食べ、ナイフを使わなくても問題ありません。

 

フォークだけしか使わなかったり、間違ったカトラリーを使ったりしてもサービス係が組み替えてくれるので心配ありません。

 

知っておきたいタブーとされるマナー

ナイフとフォークを使い慣れないと、食事中も周りの目が気になってしまいます。

 

テーブルマナーでは、食べ終わりのカトラリーを揃える場合など、フランス流とイギリス流があり、日本ではしばしば混在して使われています。

 

これについてはどちらがマナー違反だということもありません。

 

ただマナー違反とされる行為は共通ですので、これを押さえておけばレストランで恥ずかしい思いをすることもなく、有意義な時間を過ごせるでしょう。

 

  • フォークに刺したままかじるのはNG。一口で食べられる量を取ること
  • 料理を口に運ぶとき以外、フォークとナイフの先は持ち手よりも下に保つ
  • カトラリーを振り回しながら話をしない
  • ナイフについたソースをなめない
  • ナイフで料理を突き刺して食べてはいけない
  • ガチャガチャと音をたてない

 

以上のポイントを押さえておけば、フレンチレストランで気まずい思いをすることもないでしょう。

 

もしカトラリーを落とした場合も自分で拾わず、サービス係にまかせましょう。