フレンチでパンを何回もおかわりするのはNG?

パンはフレンチにおいて、料理の間の場繋ぎや、口のリセットとして給仕されます。

 

日本ではご飯のように、料理と一緒にパンを口にする人も多く見かけますが、海外ではそんなにパンを多くは食べません。

 

もっと食べたくなった場合、何回もおかわりしても良いのか解説します。

 

 

パンはいつ食べ始めるのか

コース料理だと、パンはオードブルもしくはスープの後に供されます。

 

料理の左手にあるパン皿の上に1?2個置かれるのが一般的です。

 

食べ始めるタイミングは、提供されたらすぐに食べ始めてかまいません。

 

一口サイズにちぎり、バターをつける場合はちぎった小さいほうのパンにつけましょう。

 

パンを食べる際のマナーとしては、そのままかじることはマナー違反です。

 

何度もおかわりしていいのか

パンをもっと欲しい場合、おかわりは何度してもかまいません。

 

サービス係が、おかわりを聞きに来てくれます。ただ、何度してもいいと言っても、一回に取るパンは1つか2つにとどめましょう。

 

いくらパンが美味しいといっても、主役はコースのお料理です。

 

パンでお腹いっぱいになってしまっては本末転倒ですから、最後まで食べられるか様子を見ながらおかわりするのが賢明でしょう。

 

そして、デザートが提供される前までにパンは食べ終えるのが基本のマナーです。