トルコと中国の関係

1971年、トルコが中華人民共和国を承認してから両国の関係がスタートしました。中国はアンカラに、トルコは北京に大使館を置いており、経済的にも政治的にも関係を深めています。

 

2021年には国交樹立50周年を記念し、トルコのエルドアン大統領と中国の習近平主席が祝電を交わし、両国の各分野における協力を重視していく方針を改めて明確にしています。

 

ウイグル問題

トルコは「1つの中国政策」を支持するなど親中姿勢をとりながら、ウイグル自治区のウイグル族はチュルク系なため、いわゆる「ウイグル問題」においては中国を批判する姿勢をとっています。

 

ただ近年はコロナ禍において中国から大規模なワクチン支援を取り付けたり、対米関係悪化を背景に中国への経済依存度が増している中、あまり強気には出れないのが実情です。