クレタ島の歴史

クレタ島はエーゲ海南部に横たわるように位置するギリシャ領の島です。オリーブやブドウを産する地中海式農業や酒製造業がさかんで、かつてエーゲ文明の中心をなしたクレタ文明(ミノア文明)の発祥地としても有名です。そんなクレタ島はどのような歴史を辿ってきたのでしょうか。

 

 

名前の由来

実は「クレタ」というのはラテン語に由来する古称であり、現代ギリシャでは「クリティ」と呼ばれています。

 

支配の歴史

古代

クレタ島では前3000年頃から前1400年頃まで、クレタ文明と呼ばれる文化が繁栄していました。クノッソス宮殿や浴場、水洗式トイレをはじめとする先進的建築物、彩色画、ミノア語を記す線文字の使用など、当時の地中海世界でも屈指の文化水準を誇っていたことがわかっています。

 

またエーゲ文明崩壊から暗黒時代を経て成立したポリス時代には、ギリシャ本土とはまた違った文化が営まれていたことがわかっています。そして前67年ローマに征服され、帝政期にはキレナイカ属州の一部となりました。

 

中世

13世紀に十字軍に参加したヴェネツィアに征服され、その支配は17世紀半ばまで続きました。

 

近代

ヴェネツィア支配が終わった後は長らくオスマン帝国による支配が続き、1830年にギリシャが独立した後でもクレタ島はオスマン帝国領のままでした。

 

しかし19世紀以降、オスマン帝国に対する反乱が繰り返されるようになり、オスマン帝国と対立する列強の介入もあり、1913年にようやくギリシャ領に組み込まれることとなりました。

 

 

アイスランド領の島ウクライナ領の島トルコ領の島ロシア領の島アイルランド領の島イギリス領の島オランダ領の島フランス領の島ドイツ領の島イタリア領の島ギリシャ領の島スペイン領の島ポルトガル領の島スウェーデン領の島デンマーク領の島ノルウェー領の島フィンランド領の島