ノルウェーの有名な山一覧

ノルウェーは国土の大部分をスカンディナヴィア山脈の山地が占めている山岳国です(平地はほぼなし)。最高峰はノルウェー南部オップラン県にそびえるガルフピッゲン(標高2,469 m)。ちなみにノルウェーの国歌は『われらが愛する山の国』という曲で、山がノルウェーの象徴として、ノルウェー人のアイデンティティになっていることを示しています。

 

 

ガルヘピゲン山

標高:2,469 m
位置:オップラン県
山系:ヨートゥンハイメン山地
初登頂:1850年
解説:ノルウェー最高峰かつ北欧全体でも最高峰の山。カレドニア造山運動により形成された。山名は「山の頂」という意味で、ガルヘピゲンを中心に広がる山地は「ノルウェーアルプス」とも呼ばれている。

 

オペラフェレット

標高:968 m
位置:スヴァールバル諸島スピッツベルゲン島
解説:山名は山の西側が古代ローマの円型劇場アンフィテアトルムの形状に似ていることに由来。1996年飛行機が墜落し大勢が亡くなる事故が起こっている。

 

オラフ峰

標高:780 m
位置:南大西洋ブーベ島
解説:火山島であるブーベ島にそびえる。山名はノルウェー国王オーラヴ5世(在位1957〜1991年)より。