北欧神話における「海の神」とは?

北欧神話における「海の神」は、波しぶきのような白髪・白髭が特徴的エーギルです。

 

アース神族と対立関係にある巨人族の出身ですが、神々とは友好関係にありました。

 

海の底に豪壮な宮殿を構えて、沈没した船から黄金を集めてくるので宮殿には光が届かなくても黄金のおかげで光り輝いていました。

 

「戦で亡くなったものはオーディンの元へ運ばれるが、海で亡くなったものはエーギルの元へ運ばれる」

 

と言われています。

 

船を沈める嵐海の神

エーギルの妻は海神であり女神であるラン。夫婦の間には9人の娘がいて、彼女らは波の化身と言われています。

 

二人は度々船に?みついて沈めることがあり、波は「エーギルのあぎと(顎)」などと呼ばれることもありました。

 

このエーギルにたいこうしたニョルズは、人間を守るべく、嵐が起きると海辺に向かい、高波を鎮めました。

 

そしてエーギルに「ランの人捕り網を破いてしまうぞ!」と一喝すると、エーギルは大人しく引き下がっていったそうです。

 

海底の宮殿で神々をもてな

エーギルは海底の館に度々アースガルズの神々を招待し、盛大な宴を催しました。

 

神々のすべてが十分に飲める量のビールをエーギルに醸造させるために、トールとテューレが巨人ヒュミルから奪った大釜をエーギルの宮殿に持ち込みました。