東ローマ帝国を滅ぼした国はどこですか?

東ローマ帝国は1453年、ある強力なイスラム教国家に首都コンスタンティノープルを落とされ滅亡しています。そしてそのあるイスラム教国家というのは、13世紀末、東ローマ帝国に隣接する小アジア(現在のトルコ)に興り、以後急速に勢力を拡大していたオスマン帝国です。

 

14世紀半ばからはバルカン半島への侵略を開始し、東ローマ帝国を圧迫していきます。最後の東ローマ皇帝コンスタンティノス11世が即位した時、その領土はコンスタンティノープルとその周辺のわずかな地域にまで縮小し、もはや帝国の体をなしていませんでした。

 

そして1453年、とどめとばかりに攻めてきたメフメト2世率いる10万のオスマン帝国軍に城壁を突破され、成立来1000年続いた歴史に終止符が打たれたのです。

 

オスマン帝国はその後、コンスタンティノープルを足がかりに東地中海の支配権をも握るようになり、東ヨーロッパ・西アジア・北アフリカを股にかける大帝国を築き上げるのです。