イギリス都市の歴史

イギリスは連合国(カントリー:country)−地区(ディストリクト:district)−行政教区(シヴィルパリッシュ:civil parish)で構成される連合王国です。地方行政制度はカントリーごとに異なり、非常に複雑です。イギリスでは日本語でいう都市にあたる自治体は、シティおよびタウンと呼ばれています。

 

各カントリーの首都

  • イングランド:ロンドン
  • スコットランド:エディンバラ
  • ウェールズ:カーディフ
  • 北アイルランド:ベルファスト

 

イギリスの大都市(TOP10)

  1. ロンドン
  2. バーミンガム
  3. グラスゴー
  4. リヴァプール
  5. リーズ
  6. シェフィールド
  7. エディンバラ
  8. ブリストル
  9. マンチェスター
  10. レスター
 

イギリスの都市一覧

dummy
オックスフォードの歴史

オックスフォードはイングランド東部に位置する、オックスフォードシャーの州都です。地名は「雄牛(oxen)が渡ることができる浅瀬(ford)」を意味する古英語「オクサンフォルダ(oxanforda)」に由来。英語圏最古でかつ世界有数の名門大学オックスフォード大学擁する学術都市としても知られ、その大学建築物の多くに見られる美しい尖塔から「夢見る尖塔の都市」とも呼ばれています。17世紀には、イギリス史の...

Read More
dummy
コッツウォルズの歴史

コッツウォルズはイングランド南西部の北東〜南西にかけ連なる景観美しい都市、および田園地帯・丘陵地です。「リムストーン」と呼ばれる石灰岩で建てられた美しい建物群、いまだ発掘されていないものも含め古代ローマ時代の遺構が多くある場所としても知られます。コッツウォルズの歴史ローマ軍の砦が起源紀元43年、ローマ人がブリテン島支配のための砦を建設しており、ローマ人がブリテン島を放棄した後は、羊毛を中心産業とし...

Read More
dummy
スカイ島の歴史

スカイ島は、スコットランドのインナー・ヘブリディーズ諸島最北に位置する島で、同諸島最大の島です。本土とはスカイブリッジ(1995年開通)で結ばれており、スコットランド最古の古代遺跡「アン・コラン」、冷涼な過ごしやすい気候と美しい自然景観が見られることもあり、夏季には国内外から多くの観光客が訪れます。産業面では、近海にニシン漁の一大拠点を擁することもあり、古来より漁業がさかん。また歴史的には、174...

Read More
dummy
バースの歴史

バースはロンドンの西方約150q、イングランド南西部に位置する都市です。「ジョージアン様式」と呼ばれる中世の風情ある街並みが見られるバース市街を擁し、3つの源泉を持つ“国内最大の温泉場”ということもあり、イングランド有数の観光地にもなっています。地名は「風呂(Bath)」に由来。バースの歴史ローマ支配による繁栄と衰退バースはもともとケルト人の集落で、源泉は彼らにとって信仰の対象であったといわれてい...

Read More
dummy
マンチェスターの歴史

マンチェスターはリバプールの東方50q、イングランド北西部に位置する、ロンドンに次ぐイングランド第二の商業都市です。産業革命以降、地元の恵まれた気候を背景に、綿工業の一大拠点として栄えてきた経緯があります。今日では綿工業は衰え、石油・製鋼・化学・印刷・製本など各種工業が発達しています。マンチェスターの歴史古代ローマ人の都市が起源1世紀、ローマ人に築かれたマンクニウムと呼ばれる砦が都市の起源になりま...

Read More
dummy
リバプールの歴史

リバプールはイングランド中北部、ロンドンの北西約300qに位置する、アイリッシュ海に面する港湾都市です。。リバプール大学をはじめとする高等教育機関・博物館・図書館・劇場など由緒ある施設が多くあり、市街地は“近代港湾都市の遺構”として世界遺産にも登録されています。また20世紀を代表する音楽グループ・ビートルズ結成の地として知られ、解散から50年以上たった今なお世界中のファンが聖地巡礼に訪れています。...

Read More
dummy
湖水地方の歴史

湖水地方は、イングランド北西部に位置するカンブリア地方の中心都市です。国立公園のカンブリア山地には氷河期の名残で出来た湖が多く存在し、オークやマツの緑と合わさった自然景観の美しさは国内屈指。キタリス(レッド・スクレイル)始め、多くの野生生物を見ることができます。2017年世界文化遺産に登録された国内有数の観光リゾート地でもあり、ビアトリクス・ポター、ワーズワースなど著名な作家が愛した場所としても知...

Read More
ページの先頭へ戻る