ソビエト連邦

ソビエト社会主義共和国連邦

 

ソビエト社会主義共和国連邦(通称:ソ連、ソビエト連邦)は、ロシア革命後のソビエト政権によって創建された、ロシア帝国を前身とする社会主義国家です。ロシア内戦を経た1922年の成立から、ペレストロイカによってソ連共産党が解体される1991年まで存続しました。

 

冷戦時代、ソ連の超大国化とそれにともなう共産圏の拡大は「ヨーロッパの東西分断」を引き起こし、西ヨーロッパ諸国(資本主義国)にとって重大な脅威であり続けました。

 

このカテゴリーでは、旧ソビエト連邦についての情報をまとめています。ソ連成立の過程については「ロシア革命」を、ソ連崩壊の過程については「ソ連崩壊」の別カテゴリーを参照していただければ幸いです。

 

 

ソ連の特徴

領土

ソ連は成立後、ロシア帝国が築いたアジア〜ヨーロッパにまたがる広大な領土をそのまま継承。第二次大戦後は東欧諸国をも支配下に組み込むことで、その版図は史上最大となりました。2240万2200平方キロメートルにもおよぶ総面積は、地球の全陸地面積の6分の1弱、アメリカの2倍以上に相当します。

 

国民

その広大な領土に2億2000万(1991年時点)の人口を擁し、国民の大半はスラヴ系のロシア人でしたが、100以上の民族が暮らす世界最大の多民族国家でもありました。そのため自治共和国・自治州・自治管区など細かい民族自治のもと統制が行われていました。

 

ソ連の衛星国一覧

ソ連の連邦構成国は、表向きは主権国家として独立しているものの、実際はソビエト連邦政府に従属する衛星国でした。以下はゴルバチョフがブレジネフ・ドクトリン(制限主権論)を放棄するまで衛星国であった国々です。

 

ソ連傀儡の社会主義国

 

 

ソ連の歴代最高指導者一覧

 

 
古代に成立の国家

ローマ帝国東ローマ帝国


中世〜近世成立の国家

フランク王国東ゴート王国ランゴバルド王国神聖ローマ帝国両シチリア王国アマルフィ公国ヴェネツィア共和国シチリア王国両シチリア王国ベネヴェント公国ミラノ公国フィレンツェ共和国ジェノヴァ共和国トスカーナ大公国ピサ共和国ナポリ王国オスマン帝国キエフ大公国教皇領サヴォイア公国サルデーニャ王国大英帝国ポーランド・リトアニア共和国モスクワ大公国ロシア・ツァーリ国ロシア帝国


近代以降成立の国家

アイルランド自由国イタリア王国イタリア社会共和国ソビエト連邦