ブリュンヒルドとは何をした人?〜西ゴート女王ブルンヒルドがモデル〜

ブリュンヒルド/ガストン・ビュシエール画

 

ブリュンヒルドの基本情報

 

職業:女王
夫:ブルグント王グンテル
伝承地:ドイツ
成立時期:13世紀
登場作品:『ニーベルンゲンの歌』

 

ブリュンヒルド(bruniahiltia)はゲルマン民族に伝わる英雄譚に登場する女性です。名前は「brunia」は「鎧」を、「hiltia」は「争い」を意味しており、6世紀後半に西ゴート王国を支配していたブルンヒルドがモデルになったと考えられています。
『ニーベルンゲンの歌』ではイースラントの女王で武術の達人として描かれ、求婚してきたブルグントの王グンテルと武術の決闘で敗れ、結婚することになりますが、クリームヒルト(グンテルの妹)の暴露でこれがジークフリート(クリームヒルトの夫)の策謀の結果であるとわかり、激昂。ジークフリートを殺害するという顛末になっています。