クリームヒルトとは何をした人?〜ジークフリートの妻〜

ジークフリートの死体を発見するクリームヒルト

 

クリームヒルトの基本情報

 

別称:
夫:ジークフリート
兄:ブルグンド王グンテル
伝承地:ドイツ
成立時期:13世紀
登場作品:『ニーベルンゲンの歌』

 

クリームヒルトはドイツに伝わる英雄叙事詩『ニーベルンゲンの歌』(13世紀成立)に登場する女主人公で、ブルグンド王グンテルの妹でジークフリートの妻です。グンテルはジークフリートにブリュンヒルトとの結婚で、ある「手回し」をしてもらった見返りに、妹クリームヒルトをジークフリートに与えました。その後「手回し」のことを知っていたクリームヒルトは、ひょんなことからそれをブリュンヒルトに暴露したため、恨みを買った夫ジークフリートは暗殺の憂き目に。未亡人となったクリームヒルトはフン族の王エッツェルと結婚し、 ブルグント王国の王族を城に招いて一網打尽にしてしまうのです。