リウィウスとは何をした人?〜『ローマ建国史』の著者〜


リウィウスの基本情報

 

生誕:前59年頃パタウィウム(現パドバ)
死没:17年
異名:「誤りなき歴史家」
民族:イタリア人
主著:『ローマ建国史』

 

リウィウス(前59年頃 - 17年)は古代ローマの歴史家で、ローマ建国よりアウグストゥスの地中海世界統一までの過程を書いた全142巻からなる歴史書『ローマ建国史』の著者として有名な人物です。ルネサンス期を代表する文人ダンテはリウィウスを「誤りなき歴史家」と評しています。
その生涯についてわかっていることは多くありませんが、北イタリアのパタウィウム(現パドバ)出身で、初代皇帝アウグストゥスの援助を受け、側近の文人として一生を著作に捧げたと考えられています。前 27年頃から出版を始めた『ローマ建国史』は古代ローマを美化し過ぎており、客観性に欠ける部分が多いとはいえ、史学上重要な史料であることに変わりはなく、この作品の批判的検証から古代ローマ研究は本格的に前に進みだしたといえます。歴史的に価値あるだけでなく、キケロ的な精彩に富む文体が特徴の、ラテン文学黄金期を代表する作品でもあります。