カントとは何をした人?〜近代哲学の祖〜

 

カントの基本情報

 

本名:イマヌエル・カント
別名:近代哲学の祖
誕生:1724年プロイセン王国・ケーニヒスベルク
死没:1804年プロイセン王国・ケーニヒスベルク
功績:

 

カント(1724年 - 1804年)はドイツの哲学者で、ドイツ観念論の基礎を確立した近代哲学の大成者として知られます。異名は「近代哲学の祖」。故郷ケーニヒスベルク大学で哲学や物理学を学び、1770年同大学の哲学教授となりました。「理想が現実を支配する」という自我中心主義的考え方を基礎とし、経験主義と合理主義を統一したドイツ観念論哲学(ドイツ理想主義)を打ち立て、これが19世紀半ばまでドイツ哲学の主流となり、後世に重大な影響を与えました。