ウィーン体制の柱「正統主義」と「勢力均衡」とは何か

ウィーン体制の二大支柱となった「正統主義」と「勢力均衡」とは何ですか?

正統主義とは、1814年ウィーン会議の中でフランス代表のタレーランによって提唱、ウィーン体制の原則として採用されたフランス革命、ナポレオン戦争以前のアンシャン・レジーム(旧制度)の復活を目指す反動的な政策です。

 

各国の領土は「正統」な君主のものであるという考えに基づき、ナポレオンに乱された国境の再画定と、フランスでのブルボン王朝復帰をはじめヨーロッパ各国で王政復古が行われました

 

一方、勢力均衡とは、ウィーン会議で決定された今後のヨーロッパ秩序の方針のことです。国同士の結束により、どこか一国に力が集中するのを避け、侵略戦争を抑止しようとする政策です。またナポレオンのように対外侵略を国家政策とする「帝政」の出現を恐れたのですね。

 

正統主義は1848年革命によるウィーン体制の崩壊で消滅したものの、勢力均衡に関しては、ウィーン体制崩壊後も没落したオーストリアに取って代わったドイツやイギリスによって維持されています。