スペインの国名の由来

スペインの正式名称はスペイン王国。この国が立憲君主制の国家であることを示す呼称です。1492年にカスティーリャ王国とアラゴン王国が合併したことによって成立しました。18世紀にはスペイン史上初の共和制を採用していましたが、19世紀後半には王政復古しています。

 

「スペイン」の語源

「スペイン」とは英語による発音で、母国語のスペイン語では「エスパーニャ」と呼びます。その「エスパーニャ」の由来には諸説あり、有力とされているのは古代ギリシャ人が名付けたという説。古代ギリシャ人がスペインのイベリア半島を見て、「日が沈む国」を意味する「エスぺリア」と名付け、時の流れとともにこれが転じて「エスパーニャ」になったとされています。

 
ページの先頭へ戻る