ハンガリー料理の歴史を簡単に紹介!

ハンガリーは中央ヨーロッパに位置する、日本の1/4程度の小さな国です。パプリカを多用することで知られるハンガリー料理ですが、そのルーツはどこから来ているのでしょうか。

 

今回は、ハンガリー料理の歴史について、簡単にご紹介したいと思います。

 

 

遊牧民、マジャル人の影響

そもそもハンガリーは、遊牧民的な生活をするマジャル人という民族の文化に色濃く影響されています。

 

家畜を育てながら平原を移動して暮らすマジャル人の食文化は、火を使って調理する肉料理が主流で、それが今のハンガリーの食文化にも通じています。

 

代表的な料理であるグヤーシュという肉の入ったスープも、マジャル人が生み出したものです。

 

侵略の歴史も影響

冒頭でご紹介したように、ハンガリーは非常に小さな国です。周囲を7つもの国に囲まれており、古くより他国からの侵略に苦しんできた歴史があります。

 

この侵略の影響により、周辺国の食文化が多くハンガリーに流入してきました。

 

現在のハンガリー料理において欠かせない存在であるパプリカも、オスマン帝国時代に、パプリカのルーツである唐辛子がハンガリーに伝来し、長い時間をかけて品種改良を重ねた結果、生み出されたものです。

 

現在のハンガリー料理

多くの国に囲まれたハンガリーの現在の食文化は、マジャル人の伝統的な料理を継承しつつ、ドイツやイタリアなどの文化も融合した、唯一無二の特徴を持った食文化となっています。

 

日本で食べることのできるお店は非常に貴重ですが、もし機会があればハンガリーの風を感じてみてはいかがでしょうか。