マン島の歴史

マン島はグレートブリテン島とアイルランド島の間に位置するイギリス王室属領の島です。伝統的に農業と観光業がさかんで、世界屈指の歴史をもつオートバイレースの聖地としても有名です。そんなマン島はどのような歴史を辿ってきたのでしょうか。

 

このページの内容

 

古代

紀元前6500年頃から島への定住が始まったと考えられ、新石器時代には巨石文化が営まれていました。鉄器時代からケルト文化の浸透が始まり、5世紀にはケルト語派のマン島語が成立しています。

 

中世

8世紀末頃からヴァイキングの定住が始まり、現在に続くマン島の立法府「ティンワルド」を創設しました。その後はノルウェー王国、スコットランド王国の支配を経て、エドワード3世 (在位:1327〜77) の治世でイングランド王室領として定着しました。

 

近代

1765年にイギリス王領となり、1828年に自治政府が設立されました。1919年にイギリス本土に先駆けて婦人参政権を導入しています。

 

 

アイスランド領の島ウクライナ領の島トルコ領の島ロシア領の島アイルランド領の島イギリス領の島オランダ領の島フランス領の島ドイツ領の島イタリア領の島ギリシャ領の島スペイン領の島ポルトガル領の島スウェーデン領の島デンマーク領の島ノルウェー領の島フィンランド領の島