「タタールのくびき」はいつからいつまで?

 

「タタールのくびき」は、1223年のカルカ河畔の戦いの時に始まり、1480年にモスクワ大公国が税を納めることをやめた頃に終わったとみられています。この間の出来事を、時系列で概観してみます。

 

キエフ大公国の分裂とモンゴル帝国の侵略

12世紀の初めごろには、ルーシ人、つまり現在のロシア人の祖先にあたる人たちが形成していたキエフ大公国は、分裂し始めていました。

 

もともと内乱で国力が低下しかけていたところに、モンゴル軍の偵察軍がやってきて、1223年のカルカ河畔の戦いが起こります。

 

ここでモンゴルは大勝し、1237年から本格的な侵攻を開始して、1240年に首都キエフを攻め落としました。

 

13世紀の中ごろには、モンゴルはドナウ川以東の広大な版図を手にし、ほとんどすべてのルーシ人たちを支配下に置きました。

 

モスクワ大公国の勃興とモンゴルの衰退

モンゴルは、抵抗する相手は容赦なく徹底的に壊滅させる一方で、モンゴル側の要求に従う相手には比較的寛容な態度でした。

 

ルーシ人たちに対しても、もとのルーシ社会の構造を保つことを許し、要求量の貢納さえしていれば普通の生活が送れるようにしていたと思われます。

 

そんな中14世紀には、モスクワ大公が力をつけ、ルーシの中心となっていきます。

 

モスクワ大公はあるときはモンゴル側についてルーシ人の反乱勢力を抑え込み、あるときはルーシ諸国を代表してモンゴルと交渉し、二者間で巧妙にバランスをとりながら勢力を増していきました。

 

モンゴル側が内紛で混乱しているとき、モスクワ大公国は1380年のクリコヴォの戦いで勝利を収めます。

 

モスクワ大公国は再統一後のモンゴルにまた服従することになりますが、1480年に再度モンゴル側が派兵した際に不戦勝を上げ、長く続いた貢納をやめました。

 

他のルーシ諸公も相次いでモンゴルに離反し、16世紀の初めには、タタールのくびきから完全に脱却したとされています。