北欧神話における「光の神」とは?

北欧神話における「光の神」とは、バルドルのことをいいます。

 

最高神オーディンと、愛と結婚、豊穣の女神フリッグの間に生まれた神で、容姿端麗かつ賢明であったとされています。

 

 

バルドルの来歴

アイルランドの詩人スノッリ・ストゥルルソンによる『エッダ』では、バルドルは

 

最も賢明で、美しく光り輝く美貌と白いまつ毛を持ち、雄弁で優しい神

 

であるとされています。

 

やや優柔不断な面がありつつも、平等で、誰にでも愛されていたようです。

 

しかし、あるときから悪夢に悩まされるようになります。

 

心配した母フリッグは、世界中のあらゆる生物、無生物に、彼を傷つけないという誓いを立てさせます。

 

それをおもしろく思わなかったロキはバルドルの兄弟、ヘズを言葉巧みにそそのかし、バルドルを殺させます。

 

バルドルの死は世界から光を奪い、ラグナロクの引き金となりました。

 

そのほかの光の神

北欧神話には、ヘイムダルという光の神もいます。ヘイムダルは「母親たる九人姉妹」から生まれたとされており、この姉妹は海の波と考えられています。

 

「波の間から昇る暁光(ぎょうこう)」とも解釈されるヘイムダルは眠りを必要としません。

 

そして夜でも100マイル先でも見ることが出来たし、草の伸びるわずかな音でも聞き取れる鋭い耳を持っていたことから、アースガルズの見張り番の役目を担っていました。

 

黄金の角笛ギャラルホルンの持ち主であり、この角笛が鳴らされた時が、ラグナロクの訪れを意味するとも言われています。