ポーランド料理の特徴

ポーランド料理の特徴

ポーランド料理と聞いて、思い浮かぶものはあるでしょうか。

 

家庭料理が一般的ですが、ポーランドは多くの国と隣接しており、周辺諸国の影響を受けて来たので、料理もバラエティ豊かです。

 

ここではポーランド料理の特徴について簡潔に解説していきます。

 

このページの内容

 

煮込み料理

ポーランド料理の特徴の1点目に挙げられるのが、「煮込み料理」です。

 

豚肉をメインとした肉を長時間煮込んだ、ドイツやロシア風のものが多いです。

 

代表的なものは、「ビゴス」というソーセージとザワークラウトの煮込みや、日本のビーフシチューの様な「グヤーシュ」、米入りロールキャベツの様な「ゴウォンプキ」などです。

 

また、これらの煮込み料理には胡椒など数種類の香辛料が使われます。

 

発酵食品

2点目の特徴は、「発酵食品」を使った料理です。

 

例えば、「オグルコヴァ」というキュウリのピクルスを使ったスープや、「ジュレク」というライ麦の粉の発酵液を使用したスープ、発酵したビーツを使った色鮮やかな「バルシチ」も伝統的なスープです。

 

酸味の効いた料理が多いのは、スラブ地方の影響です。

 

この様な家庭的な煮込み料理やスープは、冬が長く寒いポーランドの人々にとって、心身を温めてくれる大切な料理と言えます。

 

伝統的な調味料を使って各家庭の料理を受け継いでいく、ポーランドの料理はとても丁寧で味わい深い料理です。

 

 

ギリシャ料理ハンガリー料理フランス料理アイスランド料理イタリア料理オーストリア料理ブルガリア料理ノルウェー料理ルーマニア料理ロシア料理トルコ料理ポルトガル料理スペイン料理アイルランド料理イギリス料理オランダ料理スイス料理ドイツ料理スウェーデン料理デンマーク料理フィンランド料理ベルギー料理