ポーランド紋章の意味と歴史

0_heraldry_national_poland.png

デザインの意味

  • 赤色の盾:勇敢の象徴。また、社会主義国家の象徴。
  • 白の鷲:白は実直さ・善・平和への願望の象徴。鷲は勇猛さや有能さの象徴。

 

国章の歴史

ポーランドはヨーロッパにおいて戦略上の重要な位置にあたり、国境も何度も変更された経緯をもつ国となります。ポーランド国章は伝統的に赤地に白色の鷲が描かれており、激動の歴史の中で継続的に使用されていますが、1222年、カジミエシュ公爵によってピャスト家(※1)の象徴として使用されました。

 

また、プシェミスウ2世が王冠を被る紋章を使用し、ポーランド王国の独立・統一の証明とされました。その後、1919年に国章として制定されました。社会主義時代に王冠は消えましたが、1989年の体制転換後に戻されました。

 

※1ピャスト家…ポーランド王家。ピャストはピャスト家の祖先で、9世紀頃のポーランドの伝説的君主といわれています。また、ピャスト朝はポーランドの王朝で、9世紀から13世紀ころまで続きましたが、鷲はピャスト家の象徴として使用され、以降、ポーランドで広く採用されるようになりました。