北欧神話における「世界の始まり」について

北欧神話では、世界には当初、炎と氷しかなかったとされています。

 

そこから、多くの神々や人間の暮らす世界は、いったいどういう過程を経て生まれたのでしょうか。ここでは、北欧神話における「世界の始まり」について解説します。

 

このページの内容

 

神々の誕生

北欧神話における世界は、それまで別々の世界にあった、炎と氷が触れたところから始まるとされています。

 

やがて溶けた氷の中から、巨人ユミルが生まれます。

 

ユミルは別の氷から同じようにして生まれた雌牛の乳を飲んで成長し、ヨトゥンをはじめとした巨人族の子を生みました。雌牛もしずくを舐めて育ち、やがて神々の祖となるブーリを産んだとされています。

 

さらにブーリの息子ボルが、巨人との間に3人の子供をもうけました。

 

それが北欧神話の最高神とされるオーディンと、ヴィリ、ヴェーという神々だったとされています。彼らは乱暴な巨人族に不満を持ち、あるとき、すべての巨人の始祖であるユミルを殺害します。

 

ユミルの傷口から流れ出した大量の血で、あたりは大洪水に見舞われました。このとき、巨人族は一組の男女を残して、すべて滅びたと言われています。

 

世界の始まり

その後オーディンたちは、死んだユミルの肉から大地を、骨から山を、歯や骨のかけらや頭蓋骨、血もあますことなく使って、海や川、天空、太陽、星などを作りました。

 

また、木の枝から人間の男女を、そして彼らが住むための国ミズガルズと、自分たち神が暮らすアースガルズを天上に作り、生き残った巨人を海で隔てたはるか彼方に追いやりました。

 

しかし、有名な「世界樹ユグドラシル」については、オーディンが作ったものではなく、後にオーディン達の作り上げた世界にそびえ立ったと言われています。