産業革命の日本への影響とは?

産業革命は日本にどのような影響を与えましたか?

産業革命は1860年代からイギリスで始まり、1830年代からベルギー、フランス、ドイツ、ロシアなど大陸ヨーロッパ諸国に広がっていきました。

 

日本での産業革命は日清戦争(1894?95年)の頃と少し遅れたものの、明治政府主導で綿工業を主要産業とした工業化社会を築き上げていきました。

 

 

また日本も資本主義社会が確立にともない安価な労働力や原料を求め、西欧諸国と同様、植民地拡大政策を推し進めるようになります。

 

日本政府は1870年代より鉄道建設を開始しますが、日露戦争後の1906年には南満州鉄道会社(通商“満鉄”)を開通し、これを足がかりに満州支配を強めていくのです。