カミュとは何をした人?〜『異邦人』『ペスト』の著者〜

 

カミュの基本情報

 

本名:アルベール・カミュ
誕生:1913年アルジェリア・モンドヴィ
死没:1960年フランス・ブルゴーニュヨンヌ県
主著:『異邦人』『ペスト』

 

カミュ(1913年 - 1960年)はフランス文学を代表する小説家で、『異邦人』や『ペスト』の作者として有名です。フランス植民地時代アルジェリアにて、貧しい農家の家に生まれ、高等中学校在学中における作家ジャン・グルニエとの出会いをきっかけに文学の道を志すようになります。大学卒業後は評論家や劇作家、新聞記者などの経験を経て、第二次世界大戦中に代表作『異邦人』を完成させました。戦時中にレジスタンスとして活動した経験を活かし、不条理とそれに抵抗する人間の細かな描写が評価されており、1957年にノーベル文学賞を受賞しています。