ヨセフスとは何をした人?〜『ユダヤ戦記』の著者〜


ヨセフスの基本情報

 

生誕:37年エルサレム
死没:100年頃ローマ
異名:「フラウィウス」
民族:ユダヤ人
主著:『ユダヤ戦記』『ユダヤ古代誌』『アピオン反論』

 

ヨセフス(37年 - 100年頃)は古代ローマ共和政末期のユダヤ系歴史家で、『ユダヤ戦記』『ユダヤ古代誌』『アピオン反論』などの著者として知られています。エルサレムの祭司の家に生まれ、ユダヤ戦争ではガリラヤ長官としてローマと戦うも敗れて投降。以来寝返ってローマに協力するようになりました。やがてローマに移り住み、「フラウィウス」という皇帝の氏族名、ローマ市民権・土地を与えたられた上で、ウェスパシアヌス皇帝の援助のもと執筆活動に専念するようになるのです。彼の著作は、ユダヤ史、ローマ史、原始キリスト教史を知る上で貴重な史料であり、とりわけ自らも身を投じたユダヤ戦争における、エルサレム陥落までの顛末を著した『ユダヤ戦記』は最も有名です。