ヨーロッパのスポーツリーグ

ヨーロッパではスポーツが非常にさかんで、多くの競技がプロのスポーツリーグを持っています。ここではヨーロッパで運営されているリーグを競技別に紹介しています。

 

このページの内容

 

サッカー

ヨーロッパで圧倒的な人気を誇るのがサッカーで、ほぼ全ての国でプロリーグが運営されています。1888年開幕の「イングリッシュ・フットボールリーグ」が最古のリーグとなります。とりわけヨーロッパ各国の上位チームが集結し、最強クラブの座をかけて争う『UEFAチャンピオンズリーグ』はワールドカップにも並ぶ権威ある大会として知られます。

 

ヨーロッパのサッカーリーグ一覧

  • プレミアリーグ(イギリス)
  • リーガ・エスパニョーラ(スペイン)
  • セリエA(イタリア)
  • ブンデスリーガ(ドイツ)
  • リーグ・アン(フランス)
  • スュペル・リグ(トルコ)
  • エクストラクラサ(ポーランド)
  • リーガ1(ルーマニア)
  • リーグ・オブ・アイルランド・プレミアディビジョン(アイルランド)
  • ロシアサッカー・プレミアリーグ(ロシア)
  • スコティッシュ・プレミアシップ(スコットランド)
  • エールディヴィジ(オランダ)
  • ブンデスリーガ(オーストリア)
  • スーパーリーグ(スイス)
  • フォルトゥナ・リガ(チェコ)
  • ネムゼティ・バイノクシャーグI(ハンガリー)
  • ギリシャ・スーパーリーグ(ギリシャ)
  • プリメイラ・リーガ(ポルトガル)
  • ウルヴァルステイルト(アイスランド)
  • アルスヴェンスカン(スウェーデン)
  • デンマーク・スーペルリーガ(デンマーク)
  • エリテセリエン(ノルウェー)
  • ジュピラー・プロ・リーグ(サッカー)

 

バレー

バレーはイタリア・ドイツ・フランス・セルビア・トルコ・ブルガリア・ポーランドなどの国でさかんです。とりわけイタリアのセリエAは世界最高峰のバレーボールリーグとして知られ、外国人出場に対する規制もゆるいので、世界各国から主力級のプレイヤーが集結しているのが魅力です。なお女子に関してはイタリアのセリエAよりもトルコのプロリーグのほうがレベルが高いといわれています。

 

ヨーロッパのバレーボールリーグ一覧

  • セリエA (イタリア)
  • リーグ・デュ・フランス(フランス)
  • ロシア・バレーボール・スーパーリーグ(ロシア)

 

バスケ

バスケはヨーロッパでも特に南欧、東欧諸国でさかんなスポーツです。リトアニアではサッカーをしのぐ人気があり、セルビア、スロベニア、クロアチアなどユーゴスラビア諸国は世界屈指の強豪として知られています。

 

ヨーロッパのバスケットボールリーグ一覧

  • ブリティッシュ・バスケットボール・リーグ(イギリス)
  • セリエA(イタリア)
  • リーガACB(スペイン)
  • バスケットボール・ブンデスリーガ(ドイツ)
  • リーグ・ナショナル・バスケットボール (フランス)
  • ロシア・バスケットボール・スーパーリーグ(ロシア)
  • リトアニア・バスケットボール・リーグ(リトアニア)

 

ラグビー

ラグビーはイングランド、スコットランド、ウェールズ、アイルランド、フランス、イタリアなどでさかんで、これら6か国による対抗戦「シックス・ネイションズ」は毎年の恒例行事となっています。イングランド、フランス、イタリアなどにプロリーグが存在します。

 

ヨーロッパのラグビーリーグ一覧

  • プレミアシップ(イングランド)
  • マグナーズリーグ(アイルランド、ウェールズ、スコットランド、イタリア)
  • フランス選手権トップ14(フランス)
  • トップ12(イタリア)