ワイナミョイネンとは何をした人?〜半神半人の英雄〜


ワイナミョイネンの基本情報

 

別称:ワイナモイネン
職業:賢者
伝承地:フィンランド
成立時期:16世紀
登場作品:『カレワラ』

 

ワイナミョイネンとは、フィンランドの国民的叙事詩『カレワラ』に登場する半神半人の英雄・賢者です。フィンランド神話の女神イルマタルの子として海中で生まれ(700年母の胎内にいたため、生まれた時から老人)、長年の漂流の末、荒れた大地カレワラ(フィンランド)に上陸。緑の恩恵をもたらした上、最後にはフィンランドの人々に歌と竪琴を残して海へと帰っていったと伝えられています。