チェコの気候的特徴

中央ヨーロッパに位置する内陸国チェコ共和国の気候的特徴について地域別に情報をまとめています。

 

このページの内容

 

全体的な気候

チェコの気候は全体的には、気温の日較差・年較差が大きく(冬は寒く夏は暑い)、晴れる日が多く、降水量が少ない「大陸性気候」が支配的です。

 

ただし中欧ということで、海洋性気候の影響もあるため、大陸性は大陸性でも比較的穏やかな気候となっています。西部にいくほど、海洋性気候の特徴が強く出ます。

 

山岳地帯の気候

チェコの北部は山岳地帯になっており、標高が高くなるほど気温が下がり、降水量は上がります。イゼラ山脈のビリーポトク周辺は国内で最も湿潤な地域となっており、逆にプラハ北西のロウニ地区は国内で最も乾燥した地域となっています。