古代ローマ時代はいつからいつまで?

 

古代ローマとは古代ヨーロッパ世界において最強最大を誇った国家の総称で、いわゆる「古代ローマ時代」とは、この国家の建国から滅亡までの期間のことを指します。古代ローマ時代は、王政ローマ期(紀元前753年〜紀元前509年)、共和制ローマ期(紀元前509〜紀元前27年)、帝政ローマ期(紀元前27年〜紀元後476年)に分けられます。

 

古代ローマ時代の始まり

ローマの建国神話に基づけば、古代ローマ時代始まりの年は、初代王ロムルスがローマを建国したと伝えられる紀元前753年とされています。この年は王位継承争いに巻き込まれ捨てられた双子(ロムルスとレムス)が狼に育てられ、成人後生まれ育った丘に都市を建設した…という建国神話に基づいています。

 

古代ローマ時代の終わり

古代ローマ時代終わりの年は、ゲルマン人の傭兵隊長オドアケルによりローマ皇帝位が廃位される476年とされています。ヨーロッパ史には古代・中世・近世・近代・現代という時代区分がありますが、この古代ローマの滅亡をもって、古代ヨーロッパの時代は終わり、中世ヨーロッパの時代が始まるとする見方が一般的です。

 

ただし東ローマ皇帝ユスティニアヌス1世によりイタリア半島が再び統一され、地中海全域にローマ帝国の支配が復活する554年までを古代ローマに含める見方もあります。