大航海時代に発見された「新大陸」とは?

 

 

大航海時代、大西洋への進出を開始したヨーロッパ人により「発見」された土地、それが新大陸です。狭義にはアメリカ大陸のみを指しますが、広義にはオーストラリア大陸も含め新大陸として扱われます。また新大陸に対して、ユーラシアやアフリカの土地は旧大陸と呼びます

 

新大陸の発見者

クリストファー・コロンブス

スペインの後援を受けたイタリア/ジェノバ出身のクリストファー・コロンブスが新大陸最初の「発見」者とされています。ただし地球球体説を支持し、西方からでもインドに到達できると信じ航海にでたコロンブスは、自分が発見した土地をインドの一部と思い込みました。

 

そのため新大陸の先住民は「インディアス」と呼ばれ、彼が降り立ったカリブ海域にある新大陸の群島は「西インド諸島」と呼ばれるようになるのです。

 

アメリゴ・ヴェスブッチ

実際にアメリカ大陸が新大陸であると証明したのは、イタリア人探検家のアメリゴ・ヴェスブッチです。アメリゴは1499年から1502年にかけて南米の探検・調査を行い、そこが自分たちが知るどの大陸にも属さない新大陸であると気づきます。

 

当時は地球の大陸はアジア・アフリカ・ヨーロッパの3大陸からなると考えられていたので、これは常識を覆す歴史的な大発見だったのです。そして1507年に出版された『世界誌入門』で新大陸の名が「アメリゴ」のラテン語名から「アメリカ」と名づけられた、というわけです。

 

新大陸発見の影響

新大陸はヨーロッパにはない作物(トウモロコシ、落花生、トマト、タバコなど)や鉱物資源(金銀)が豊富で、まさに富の宝庫でした。

 

発見されてからというもの、ヨーロッパ列強はこぞって開発にのりだし、先住民を酷使しました。

 

また先住民の人口が減ったことで、労働力調達のためアフリカで黒人奴隷を調達するようになり、三角貿易が開始されます。