ポルトガル料理とスペイン料理の違いとは?

ポルトガルとスペインはイベリア半島にあり、隣接していることから両国の料理も似ているだろうと思われがちです。

 

しかし、ポルトガルは世界でも魚の消費量がトップクラス、米の消費量もヨーロッパで一番多く、スペインの食文化とは違いがあります。

 

似ているようで似ていない、両国の料理の違いを見ていきましょう。

 

 

地方の味が少ないポルトガル料理、郷土食に富んだスペイン料理

ポルトガルは北海道の約1.1倍の広さがあり、南北に長い国です。

 

ポルトガルは7つの地方に分けられていますが、調理方法や使われる食材に地域差があまりありません。

 

一方、スペインはスペイン料理と一括りにすることが難しいくらい地方によって食材や調理方法が異なります。

 

「スペインのどこに行ってもあるものはワイン、オルチャータ(タイガーナッツを原料にした飲み物)、クァハーダ(素焼きの壺に入ったヨーグルト)だけ」という表現があるくらい、スペイン料理は郷土の味に富んでいます。

 

ポルトガルとスペインでは香辛料に違いがある

料理の味を決めるのに欠かせないのが香辛料です。

 

ポルトガル料理で主に使われている香辛料は、ピリピリ(小さくて辛い唐辛子)、シナモン、パプリカパウダー、ベイリーフ、塩の5つです。

 

香りの強いハーブを使うのも特徴で、特にコリアンダーを使うのはポルトガル料理の最大の特徴。

 

コリアンダーの葉を料理に多用するのは、西ヨーロッパではとても珍しい味付けです。

 

一方スペインでは、サフラン、パプリカパウダー、ローズマリー、タイム、イタリアンパセリを良く使います。

 

どちらの料理もスパイスが使われていますが辛さはあまりなく、風味付けのために使われています。