ソ連が運用していた秘密警察についてわかりやすく教えてください。

ソ連は、1954年から崩壊にいたる1991年まで、ソ連国家保安委員会(通称KGB)と呼ばれる秘密警察を運用されていました。

 

国内の治安維持活動や国境警備の他、反体制活動の取り締まり、対資本主義国の諜報活動やスパイ対策などを任務としていました。

 

KGBの前身になったのは、ロシア革命直後の混乱期、反革命勢力の摘発のために設立された「反革命・サボタージュ取締全ロシア非常委員会(チェーカー)」になります。

 

チェーカーはその後幾度かの変遷を経て国家保安省となり、内務省に統合されましたが、1954年には国家保安省が国家保安委員会(KGB)として独立したのです。

 

ソ連崩壊後にその機能はロシア連邦保安省に引き継がれましたが、93年に廃止され、新たに防諜局が設けられました。