ルーマニア語の歴史

ルーマニア語はインドヨーロッパ語族イタリック語派ロマンス諸語に属し、ラテン文字を使用する言語で、ラテン文字の公用語です。ルーマニア国外でもモルドバ、セルビア、ハンガリーなどで話者が存在し、総話者言語人口は2600万人ほど。ここではそんなルーマニア語の歴史について解説していきます。

 

ルーマニア語が成立するまで

古代ローマ帝国時代のトラキア人・ダキア人の方言がバルカン・ロマンス語に発展。

 

中世以後は、バルカン・ロマンス語の方言の一つが、スラブ諸語の強い影響を受ける中でルーマニア語の基礎が確立されました。

 

このような歴史から、もともとスラブ語の影響が極めて強かったのですが、18世紀にロマンス語化(スラブ諸語の語彙をラテン語系に代替)が進められたことで、現在のルーマニア語が誕生したのです。

 

19世紀後半にはルーマニア統一国家が成立し、それまで用いられていたキリル文字が放棄され、ラテン文字が使われるようになりました。