ポーランドの有名な動物・植物一覧

ポーランドに生息する野生の動物や植物に関する情報をまとめています。この国では東北部からベラルーシにかけて広がる「ビャウォヴィエジャの森」がとくに生物多様性の豊かな地域となっています。

 

 

ポーランドの有名な動植物

ヨーロッパバイソン

「ビャウォヴィエジャの森」に生息する大型生物の一種です。20世紀初頭に野生種は絶滅しており、現在生息している個体は絶滅後動物園などで飼育されていたものが、保護・繁殖され野生に解き放たれたものです。ポーランドにおける生息個体が、全体の大部分を占めています。

 

ヘラジカ

「ビャウォヴィエジャの森」に生息する大型生物の一種です。シカ類最大の種で、1〜2mにも達する掌状の大きな角が特徴的です。ヨーロッパでは「エルク」、アメリカでは「ムース」と呼ばれています。

 

シュバシコウ(国鳥)

シュバシコウはポーランドの国鳥で、コウノトリの一種です。ヨーロッパでは古くから、赤ん坊や幸福を運んできてくれる縁起の良い鳥として親しみの対象になっています。とりわけポーランドはシュバシコウの世界最大の繁殖地として知られます。

 

パンジー(国花)

パンジーはポーランドの国花です。寒さに強く育てやすいことから日本でも人気の花ですが、昔から政治的抑圧と戦ってきたポーランドでは、「自由の象徴」として特別視されている花なのです。

 

ポーランドに生息する動植物一覧

動物

  • シュバシコウ(国鳥)
  • ヨーロッパバイソン
  • ヘラジカ(エルク)
  • ノロジカ
  • イノシシ
  • オオヤマネコ
  • オオカミ

 

植物

  • パンジー(国花)
  • トネリコ
  • シラカバ
  • ハンノキ
  • エルム