アルビジョワ十字軍とは

アルビジョワ十字軍(仏語:Croisade des Albigeois)とは、13世紀前半、ローマ教皇インノケンティウス3世により呼びかけられ、南フランスの異端アルビ派(カタリ派)の撲滅のため結成された軍隊です。教会と足並みを揃えるカペー朝にとっては、異端をどうこうすることよりも、南フランスを征服し、王権と領土を拡大することが何よりの目標でした。

 

 

異端カタリ派とは

アルビ派はマニ教の流れをくむ宗教です。フランス南部のアルビを中心に信仰されたため、このように呼ばれています。
別名カタリ派ともいいますが、カタリ(Cathari)というのは、「清浄」とか「純粋」を意味するギリシャ語「カタロス」に由来しています。その語源通り、不殺生、菜食主義のほか、様々な行き過ぎなくらいの禁欲的な教理をもっていました。とはいえ、そんなアルビ派でも、しょせんキリスト教の一派なのですが、異端とされたのは、カトリック教会の聖職者の腐敗・堕落を批判していたためです。

 

教会による異端撲滅の決定

教会は最初カトリックに改宗するよう、穏健に働きかけを行ないましたが、ほとんどは聞く耳を持ちませんでした。そんな中、南仏に送った教皇使節が暗殺される事件が起きます。ローマ教皇インノケンティウス3世はこれに激怒し、カタリ派を擁護するレーモン6世の関与として、南仏征服・異端撲滅の決定を下したのです。

 

十字軍の結成とベジエでの虐殺

北フランス諸侯も賛同し、およそ3万の軍勢からなるアルビジョア十字軍が組織されました。アルビ派だけでなく、彼らを保護する南フランス諸侯も征伐の対象にされ、1209年、南フランス諸都市への侵攻が開始されました。

 

十字軍による襲撃は苛烈を極め、狙われた都市では徹底的な破壊と虐殺が行なわれました。最初の十字軍攻撃が行なわれたベジエでは、1万5000人もがサン・ナゼール教会で殺戮されており、最終的には南フランス全土で100万もの人々が(アルビ派であるかどうかに関わらず)虐殺されたといわれています。

 

カタリ派の滅亡

戦争末期には、疲弊によりほとんどの南フランス都市が無抵抗で降伏していきました町を追い出されるなどして、逃げ道がなくなったカタリ派は、山に立てこもるなどして抵抗しましたが、しつこい攻撃に耐えられず、1225年ついに降伏。そして1330年頃に最後の信者が火刑に処され、カタリ派は存在を世界から消されてしまったのです。

 

十字軍遠征の影響

南仏文化の消滅

長年の攻防のすえ、ルイ9世の時に南フランスは完全に征服、異端アルビ派は殲滅しカペー朝当初の目的であった、フランスの統一、王権の拡大は大きく前進しました。しかしあまりに苛烈な弾圧が20年以上も続いたため、南フランスの伝統的で素晴らしい文化の多く失われる結果になってしまいました。

 

異端審問の確立

南仏征服の最中、1229年に「異端審問」というシステムが確立され、各地に設置された異端審問所でアルビ派と認定されれば、火刑とされることもありました。このシステムは、その後ヨーロッパ中に拡大していき、数世紀にわたり少数派宗教の弾圧・迫害に利用されたのでした。