フィンランドと日本の関係史

時は江戸時代。大黒屋光太夫ら日本人がロシアに漂流した際、彼らを援助し、ロシア皇帝エカテリーナ2世に謁見させた人物、エーリク・ラクスマンはフィンランド人として知られています。

 

また、彼らを率いて日本に送ったエーリクの息子アダム・ラクスマンは、フィンランド人初の訪日者となりました。

 

フィンランド独立後の日本との関係

かつてフィンランドは、スウェーデンの支配下に置かれていましたが、そのスウェーデンがロシアとの勢力争いに敗れてからは、ロシアの支配下に治まりました。

 

ロシアからの独立を遂げたのは1917年12月のことで、日本は1919年5月にフィンランドを正式な国家として承認しています。両国の正式な外交関係はこの時から始まりました。

 

第二次世界大戦中・後の関係

第二次世界大戦において、フィンランドはソ連と敵対関係になり「冬戦争」、「継続戦争」という2つの戦争を経験しています。

 

対ソ戦を念頭に置いたドイツ主導の防共協定に日本と共に加盟していましたので、日本とは事実上同盟関係にありました。

 

しかし戦争末期になるとドイツの劣勢で、フィンランドは連合国の支配下に置かれるようになったため、枢軸国の日本との関係は断絶されてしまいます。

 

終戦後、サンフランシスコ平和条約が発効された1952年8月に、お互いに総領事を任命することで関係を回復。現在に至るまで良好な関係を保っているというわけです。

 

 
ページの先頭へ戻る