デンマークと日本の関係史

デンマークと日本の関係は、1867年に日本デンマーク修好通商航海条約を結んだことに端を発します。その後、海運・貿易活動などを通じて、二国間の外交が築かれていきました。

 

日本人の公式訪問

日本人がデンマークに公式に訪問するのは、修好通商条約が結ばれてから6年後の1873年のことになります。

 

右大臣岩倉具視を特命全権大使とする使節団がデンマークを訪れ、当時の国王であったクリスチャン9世に謁見しました。

 

第二次世界大戦中・後の関係

1941年にデンマークはドイツと防共協定を結び、日本と同盟関係にありましたが、1945年にドイツの占領から解放されると日本との関係を断絶しました。

 

しかし、日本と直接戦争状態に入ることはありませんでした。その後、1952年のサンフランスシスコ平和条約に発効により外交関係が再開しました。

 

現在の日本とデンマーク

2011年の東日本大震災が起こった際に、デンマークの皇太子であるフレデリック皇太子が被災地を訪れました。

 

さらに2017年には日本とデンマークの関係樹立は150年を迎えました。その際にも、フレデリック皇太子とメアリー皇太子妃が来日されました。このように今でもデンマークとの友好関係は続いています。