イギリスで奴隷貿易が禁止されたのはいつ?

イギリスで奴隷貿易が禁止されたのはいつですか?

イギリスでは18世紀後半から

 

  • 産業革命を受け、アフリカを奴隷供給地よりも原料供給地や市場にしたほうが儲かるようになった。
  • 奴隷価格の高騰によりあまり利益があがらなくなった。
  • フランス革命以降の自由主義勢力の拡大で人道的観点からの批判があがるようになった。

 

など人道的・経済的な理由で奴隷貿易が下火になっていきました。

 

そして1770年代からウィルバーフォースなど宗教家が反奴隷制運動を展開・政治に直接働きかけるようになり、1807年奴隷貿易禁止法成立、1833年奴隷制度廃止にこぎつけています。

 

イギリスの奴隷貿易禁止により、イギリスと密接な経済関係にあった国も奴隷貿易禁止に舵を切らざるを得なくなり、イギリスが奴隷貿易の取り締まりにも力を入れ出したことで、世界的に奴隷貿易は縮小の一途をたどっていくことになります。