アメリカ独立戦争はヨーロッパにどのような影響を与えましたか?

アメリカ独立戦争は、アメリカ独立革命ともいわれ、その成功により

 

  • 王政・貴族制・身分制の廃止
  • 共和政の確立
  • 基本的人権を柱とする憲法の採択

 

を実現させるなど、当時の社会を根底から変革させる市民革命として特徴を帯びています。

 

当時のヨーロッパでは絶対王政が衰退に向かい、自由主義勢力が台頭していました。アメリカ独立戦争に多くの自由主義者が義勇兵として参加したのは、自らの政治的理念がこの戦争により現実のものになると期待してのものだったのです。

 

そしてアメリカ独立戦争後、この戦争を支援していたフランスは、過剰な軍事支出で財政破綻を迎え、不満を爆発させた民衆により、いわゆるフランス革命を起こされます。

 

フランス革命におけるフランス人権宣言はアメリカ独立宣言の影響を受けたものであり、その理念拡大が、ヨーロッパが近代市民社会に舵を切る転機となったわけですから、アメリカ独立戦争がヨーロッパに与えた影響は非常に大きいといえるのです。