アクティウムの海戦

アクティウムの海戦は、紀元前31年、オクタウィアヌスアントニウスが地中海の覇権をめぐり争った戦いです。エジプト王朝が反オクタウィアヌスとして介入する大規模な戦いになりましたが、最終的にはオクタウィアヌスが勝利し、100年以上続いた内乱の一世紀にも終止符が打たれました。

 

海戦の場所

オクタウィアヌス派とプトレマイオス朝およびアントニウス派連合軍が衝突たのは、シチリア島・イタリア半島南部・ギリシアに囲まれたイオニア海のアクティウム沖になります。

 

海戦の背景

ナウロクス沖の海戦で反カエサル派は一掃され、ローマ内戦は第二回三頭政治の有力政治家による政争という段階に移行しました。その中でまずレピドゥスが失脚すると、ローマ東方を支配していたアントニウスと、ローマ西方を支配していたオクタウィアヌスの対立という最終局面に移行したのです。

 

エジプトの参戦

アントニウスはオクタウィアヌス打倒のため、プトレマイオス朝エジプトのクレオパトラ7世と手を結びます。しかしエジプトの支援をとりつける代わりに、クレオパトラとその子にエジプト、アナトリアなどローマ領東方の支配権をゆだねると約束したため、オクタウィアヌスがクレオパトラに宣戦布告したことで、戦いの火蓋が切られたのです。

 

海戦の結果

両軍の戦力はほぼ互角でしたが、まずクレオパトラの艦隊が状況不利とみて戦線を離れ、アントニウスもこれを追って退却したため、指導者を失ったアントニウス軍は総崩れとなり降伏を余儀なくされました。この戦いの勝利でオクタウィアヌスの対抗勢力はほぼ駆逐され、地中海世界は統一、100年近く続いた「内乱の一世紀」にも終止符が打たれたのです。

 

 
ページの先頭へ戻る