ハプスブルク家が衰退した理由は?

ヨーロッパ最大の王朝だったハプスブルク家が衰退していった理由を教えてください。

ハプスブルク家が衰退した原因として以下のような点が挙げられます。

 

ヴェストファーレン条約

三十年戦争の講和条約として結ばれたヴェストファーレン条約は、神聖ローマ帝国を構成する領邦に主権を認めるというものでした。

 

これでただでさえ地方分権が強かった神聖ローマ帝国の分裂が決定的なものとなり、代々ハプスブルク家が次いできた神聖ローマ皇帝位を、権力のともなわない名誉職にしてしまうものでした。

 

近親婚

ハプスブルク家は代々病弱で、その原因は血筋を維持し、権力を身内で固めるために繰り返した「近親婚」であったといわれています。

 

近親婚を繰り返すと、どんどん血が濃くなり、特定の外形的特徴や体質が強すぎて奇形や障害を持って生まれてくることがあります。

 

カルロス2世(在位:1665年〜1700年)は近親婚による弊害が特に目立っていた例ですが、彼は4歳まで会話もできず、8歳まで歩けませんでした。

 

「ハプスブルク家の顎」と呼ばれる下顎前突症も遺伝し、そのせいで咀嚼がうまくできず、常によだれをたらしていたといいます。

 

そして晩年は幻覚や痙攣を繰り返し、寝たきり&心神喪失でまともな日常を送ることすらできませんでした。

 

そうして苦難の人生を送った末に38歳と若くして亡くなったのです。

 

彼は生殖能力にも障害を抱え、子供はいなかったので、その死をもってスペイン・ハプスブルク朝は断絶しています。

 

スペイン王位はブルボン家が次ぐこととなりましたが、フランスの勢力拡大を防ぎたい周辺各国が大反発し、スペイン継承戦争(1701〜1714年)に発展しました。