ニーチェとは何をした人?〜「ニヒリズム」の提唱〜

 

ニーチェの基本情報

 

本名:フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ
誕生:1844年プロイセン、レッツェン・バイ・リュッケン
死没:1900年ドイツ、ヴァイマル
思想:「神は死んだ」「ニヒリズム」

 

ニーチェ(1844年 - 1900年)はドイツの詩人および哲学者で、『ツァラトゥストラはかく語りき』の著者として知られる人物です。ザクセンの牧師の息子として生まれ、ワーグナーとショーペンハウアーの影響のもと、独自の思想体系を確立していくようになります。そして1870年普仏戦争に従軍した後、1872年に処女作『悲劇の誕生』を書き上げ、80年代にかけて数々の著作を完成させました。彼が著作で説く「神の死」「ニヒリズム(=絶対的価値を否定したり国家や権威への従属を拒否)」などの考えは、現代思想に大きな影響を与えています。晩年精神に異常をきたし、ワイマールにて死去。

 

ニーチェの思想

「生の哲学」と「実存哲学」の先駆者であるニーチェの思想は、ワーグナーとショーペンハウアーの影響を強く受けています。機械時代に異を唱える文明批判を展開し、ニヒリズムを摘発。さらに超越的な存在など存在せず、信仰は人を堕落させるとする「神の死」を宣言するなど、挑戦的な彼の思想は現代思想に大きな影響をもたらしました。