重商主義と資本主義の違いとは?

重商主義と資本主義の違いとは?

重商主義とは金銀の蓄積(重金主義)や貿易産業の保護育成(貿易差額主義)により、国を大きくしていこうという考え方です。

 

それに対して資本主義というのは、民間の産業活動をさかんにして国を潤そうという考え方です。

 

資本主義は自由な経済活動が前提になっているので、国が産業を統制しなければならない重商主義とは水と油の関係になります。

 

ただし歴史的には両者の関係は深いです。

 

イギリスは重商主義を推し進め、富を蓄積させることにより、資本家を誕生させました。そして産業革命以降、資本家と労働者階級という関係が確立されたことで、資本主義が世の中の主流になっていったという流れがあるからです。

 

「自分で工場を運営し、労働者を雇える資本家」の存在は産業革命に不可欠な要素でした。だからこそ最速で資本家を育てたイギリスは、最速で産業革命を達成することができたのです。