ドイツの森林

ドイツは「森の国」と呼ばれるほど森林が豊富で、森林率は国土の3分の1にもおよびますとりわけ中部の山岳地帯はいっそう豊かな森林となっており、林業の一大拠点となっています。落葉樹が主ですが、近年は植林により針葉樹も増加傾向。

 

 

シュヴァルツヴァルト

位置:ドイツ南西部バーデン地方
面積:約5180平方キロ
樹種:ドイツトウヒ、オーク、ブナ等

 

名称はドイツ語で「黒い森」を意味し、トウヒの密集によって暗く見えることに由来している。紀元前800年頃からケルト人が住み始め、「神の住む山」として信仰の対象であった。木材を産出する林業、サイクリングや乗馬などのレクリエーションもさかん。ヨーロッパオオライチョウや狼などの希少動物も多く、自然保護区に指定されている。

 

オーバープファルツの森

位置:ドイツ・バイエルン州、チェコとの国境地帯
面積:全長100km

 

チェコとの国境にまたがる中低山地。深い渓谷が特徴的な他、11~13世紀の中世の城の遺跡が保全されている。中世には有数の工業地帯だった場所で、『中世のルール地方』と呼ばれる。

 

テューリンゲンの森

位置:ドイツ・テューリンゲン州
面積:全長約150km、全幅約35km

 

豊かな森林地帯だが、「フランケンシュタイン」と呼ばれる火山性の岩石地帯も多くみられる。ハイキングやウィンタースポーツがさかん。